タップ 座 について

タップ 座 について

タップ座,ビリヤード,タップ交換,シャフトメンテナンス

PETGクリアt2.0です
PETGとは Glycol-modified PET の事で通常のペット材よりは高耐久となる材質です
昨今3Dプリンターで使用され、より普及しました
ポリカよりはマイルドです

弊社で材に適している材質をチョイスし13φよりは大き目に使用できるよう切断しています。
お得なおすすめセットで試してみる事をお勧めします

タップ座の注目度が高まってきましたので説明ページを作りました。

タップ座の目的は 先角の保護 でしたが、昨今変わりつつあります。

本来、タップ交換時はどんどん先角を削っていってしまいます。
材を付ける事でその回数が減り、シャフトを長持ちする事ができます。

白などの座を使いカーボンシャフトの先端にエイミングの指標として使う場合があります。
照明を落としたお店ではそもそも黒いシャフトでは見辛いですが白の座を入れる事で指標となります。

またカーボンシャフトの反発力が高すぎて合わせられない方にPETGやファイバーを使ってもらうと驚いた顔をされます。
マイルドになると言うとあいまいな表現ですがインパクト時のダイレクト感よりもタップに仕事をしてもらってる感って言ったらいいでしょうか、そんな感覚を大事にしたい方。
球離れが早すぎるため、違和感を感じる事が多いプレーヤーにご提案できればと思い、ほんの少しでもタップに乗っている時間を長く出来ないか考えた時に出てきたのが座です。

一度、試してみてください。